不動産コンサルティング

image

不動産経営、不動産投資等、不動産に関する問題解決のお手伝いをいたします。

円昭では、資産としての不動産を効率よく運用していくためのコンサルティングを行っております。
長年業務を積み重ね、いち早く情報をデータベース化してきた当社の「実績を踏まえてのノウハウ」がものをいいます。
また、不動産の証券化、オフバランス化の提案等も行っております。


円昭 不動産コンサルティング

不動産への投資判断、助言

ファイナンシャルプランニング

建物のメンテナンス、効果的なリフォーム

債権回収対策

  • 賃料滞納を予防する仕組み
  • 滞納家賃の回収方法
  • 効率よく入居者を管理する方法
  • 所得税、相続税、贈与税等
  • 法人設立

登録番号、不動産コンサルティング技能登録者 等

 ◆一般不動産投資顧問業:国土交通大臣 第000519号

公益財団法人不動産流通近代化センター
 公認 不動産コンサルティングマスター:前田 由紀夫 技能登録番号(3)第023907号
 公認 不動産コンサルティングマスター:俣野 良典

賃貸不動産経営管理士協議会
 賃貸不動産経営管理士:前田 由紀夫

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
 増改築相談員:古田土 広行

コンサルティング対象、助言方法、報酬等

  1. 投資助言業務は、次のような不動産を対象として行う。
    • 種類 : 主に住宅及び事業用ビル
    • 規模 : 主に床面積100㎡以上
    • 所在する地域 : 主に中部圏及び首都圏
  2. 助言の方法
    • 単発的な取引、もしくは継続的な資産運用にかかる助言を行う。
  3. 報酬体系
    • 単単発的助言業務の場合
      直接人件費+経費+技術料+消費税
        直接人件費 : 日当基本28,000円×日数
        経費 : 交通費実費、宿泊を伴う出張費(1泊につき20,000円)
        技術料 : 基本30,000円
      上記を原則としますが、物件ごとの事情により相談に応じます。
      また、複雑な事案は5割増とする。
      但し100万円又は不動産価格の3%を上限とする。
    • 継続的な助言の場合
      月額5万円を上限とする。
      上記を原則としますが、個々の事情により相談に応じます。
      また、複雑な事案は5割増とする。
      但し上限は30万円までとし消費税を加算する。
  4. 報酬の受領時期
    • 発的助言業務の場合
      契約時締結後で助言報告書提出時
    • 継続的な助言の場合
      毎月末